開封禁止(開封厳禁)ラベル

このラベルは旧製品です。


複製防止のためこのページのシール図柄は意図的にぼかして掲載しております。
実際のシールは鮮明な物ですのでご安心ください。

開封厳禁シールは、開けられることを禁止する場所の接合部に貼ったり、
 開けられたことがわかるようにしたい場合に使います。
 禁止事項以外にも各種セキュリティの対策にも使えます。
 シールを剥がすと「開封済」の文字が残るラベルと
 シールを剥がそうとしてもボロボロになって綺麗に剥がれないものの2種類がありますので、
 封印場所や分解禁止・改ざん防止等使われる用途で選択してください。

型式  BS-5-1
1シート10枚付
サイズ 27mm×43mm
銀色地に赤文字(開封厳禁)
販売単位 10シート
仕様
剥がすと「開封済」の文字が抜けるので再利用できません。
グリコ森永事件後に対策が取られたお菓子のパッケージに貼られているようなものです。
型式  BS-5-2
1シート10枚付
サイズ 27mm×43mm
白色地に赤文字(開封厳禁)
販売単位 10シート
仕様
脆弱性のアクリルラベルです。
剥がすとラベル自体がボロボロになって再利用できません。
自転車等の防犯登録に使われているようなものです。



BS-5-1の使用例
開けるのを禁止したい場所や開けられたことを知りたい場所の接合部に貼ります。
剥がすと「開封済」と文字が抜けるので剥がしたことがわかります。
一度剥がしたラベルは文字が抜けてるので
再利用してもわかってしまいます。
※開封禁止ラベルは、シールを剥がされたことをわかりやすくするためのラベルであり、
 シールを剥がす行為自体を中止させる効力はありません。




BS-5-2の使用例
開けるのを禁止したい場所や開けられたことを知りたい場所の接合部に貼ります。
剥がすとシール自体がボロボロ破壊されてきれいに剥がれません。
また、シールがボロボロになってしまうので
シールを再利用することはできません。
※開封禁止ラベルは、シールを剥がされたことをわかりやすくするためのラベルであり、
 シールを剥がす行為自体を中止させる効力はありません。

↑ ページの上部へ